メニュー

院長ブログ

ゆるキャラにはなれませんが(2018.05.31更新)
今日は、午後から小学校の内科健診に行ってまいりました。 小学生の場合、就学前健診から始まり、内科健診、耳鼻科健診、学校検尿、学校心臓健診、生活習慣病健診など、 生徒さんたちが健康で楽しい学校生活を… ▼続きを読む

適度でよいので。(2018.05.30更新)
食べ物・睡眠・運動・勉強・遊びなどは、「適度」というレベルがあると思います。ゼロだとよくないし、過ぎるとよくない。 お薬にもそういう側面があります。少ないと効果が発揮できず、多すぎると薬ではなく「毒… ▼続きを読む

いいことがなくても(笑)(2018.05.29更新)
絶好調な一日を過ごすときもあれば、絶不調の一日になってしまうときもあります。 わざと不調になる人はいないと思います。たまたま運がなかっただけ。ちゃんと自分なりに頑張っているはずです。 うまくいかな… ▼続きを読む

小児にしかない病態(熱性けいれん)(2018.05.28更新)
クリニック周辺は、リンゴ病のほかに、「咽頭結膜熱(=アデノウイルス感染症)」が流行っています。胃腸炎やみずぼうそうもおられます。   アデノウイルスは乳幼児期にほとんど感染を経験し、その… ▼続きを読む

リフレッシュと、リセット。(2018.05.27更新)
今日も本当にさわやかないいお天気でした。とっても得した気分になれます。 たくさん寝て、朝シャワーを浴びて、気持ちがリセットされて気分がよかったので、我が家の犬(ラブラドール・レトリーバー)まで洗って… ▼続きを読む

子育てパパの役割(2018.05.26更新)
イクメンであることを世の中が求めるようになってきたご時世。パパという存在は常々どう振る舞えばよいのでしょうか? イケメン=イクメンとはいかず、こども中心の家庭になると、夫婦のパワーバランスも変わって… ▼続きを読む

お肌が、、、。(2018.05.25更新)
大人にくらべて、こどもは皮膚の構造が薄くデリケートだと言われています。 冬場は乾燥するし、今頃から夏場はあせもができやすい。乳幼児のプチプチ・ガサガサ・ジュクジュク、見えやすい場所にできるのでご家族… ▼続きを読む

1ヶ月がたちました(2018.05.24更新)
開院して今日でちょうど1ヶ月がたちました。 まっさらな設計図からはじまり、何度となくくじけそうになりながら、たくさんの関係者の方々のサポートで春の開院まで漕ぎ着きました。 この地にクリニックを産み… ▼続きを読む

難しすぎるワクチンスケジュール(2018.05.23更新)
今の小児科医療は、ここ10年ぐらいのワクチンの進歩で劇的に変わりました。 我々小児科医が心痛める悲惨な病気であった乳児の重症感染症(特に細菌性髄膜炎)は、ワクチンのおかげでほぼなくなったといっても過… ▼続きを読む

小児科医の永遠の悩み①(2018.05.22更新)
「子供の平熱って、何度なのでしょうか?」とよく質問されます。 小児科医は、腋下温で37.5度までは平熱とみなします。予防接種もOKにします。 しかし、保育園ではそうはいきません。微妙な熱で受診を勧… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME