メニュー

院長ブログ

今シーズンインフルエンザは流行るのか?(2021.10.03更新)

10月になりました。今年も残すところ3ヶ月。皆さん今年は楽しいことありましたか?

さて、2021-2022シーズンとして今冬インフルエンザは流行るのか?としばしば聞かれます。日本中、いや世界中の医師がその正解を知りたいと思っています。要するに、「わかりません」が答えです。推測をするに当たってのプラス要素は、地球の反対側の南半球(夏にサンタが来るオーストラリアが必ず比較対象となります)で、今シーズンインフルエンザの流行がなかった情報です。感染対策も身についた世の中で特定のウイルスは流行りにくいかもしれません。推測のマイナス要素は、昨年全くインフルエンザがいなかったこと。同様に昨年全く流行らなかったRSウイルスが、今年こどもたちの間で大爆発してしまいました。どれだけ感染対策を頑張ったとしても、感染力の強いウイルスはヒタヒタと感染する機会を待っている。RSになぞらえると、今年はインフルエンザが従来の2倍以上感染者が出てもおかしくありません。

RSと違い、インフルエンザは予防接種があることです。で、今年は打った方がいいの?と聞かれますが、答えは「YES」です。プラス要素は、こどもたちは今年も3000円の補助が県や市から出ること。マイナス要素は、ワクチンの生産数が昨年の6-7割と少ないことです。冬場になったらワクチンを打ちに行こうとのんびり構えていると、もうすでに世の中にインフルエンザワクチンがありません!ってことにきっとなります。当院でも手に入る本数が昨年より激減しており、人数制限せざるを得なくなりました。とにかく、「予定、予約をお早めに」と言う情報を皆様にお知らせしておきます。そして、何より「大人が家庭に持ち込まない」を今年もモットーに、パパ・ママは必ず接種してくださいね。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME